ソーシャルメディアマーケティングが欠かせない理由

多くの中小企業は、マーケティング手法に関して慎重です。限られたマーケティング予算で、最大の効果を得るためには、予算を賢く利用することが重要です。ソーシャルメディアマーケティングは、小規模な企業がターゲット市場を引き付け、徐々に売上を伸ばすために使用できる、最も汎用的で費用対効果の高い戦略の一つです。その結果、97%のマーケターがターゲットとなる消費者にリーチするためにソーシャルメディアを利用しています。

では、ソーシャルメディアマーケティングの魅力とは一体何なのでしょうか?ここでは、ソーシャルメディアマーケティングが中小企業にとって必要不可欠な理由トップ5をご紹介します。

  1. 消費者がソーシャルメディアを利用している

中小企業がソーシャルメディアマーケティングを利用する理由の1つは、消費者がソーシャルメディアプラットフォーム上で時間を費やしていることが要因です。Statistaによると、アメリカ人の70%は少なくとも1つのソーシャルメディアを持っています。世界のソーシャルメディアユーザーは、2022年までに40億人に達すると予想されています。これだけ多くの消費者が毎日ソーシャルメディアを利用しているのですから、小規模企業には、素晴らしいチャンスがあります。

ターゲットとなる消費者が最もよく利用するプラットホームで存在感を示せば、ブランドの認知度が高まります。

  1. 消費者にストーリーを伝えられる

ソーシャルメディアは、友人や家族と連絡を取る手段であることや、最新の情報を得たりするための楽しく簡単な手段であるため、ユーザーは活用しています。

実際、18歳から34歳までのインターネットユーザーの95%が、ソーシャルメディア上で企業をフォローしているという情報もあります。ユーザーが企業をフォローし、ソーシャルメディアのプロフィールをシェアする理由は、キャンペーンのコンテンツや情報に魅力や価値があると思うからです。

  1. ブランドの認知度向上に役立つ

ソーシャルメディアマーケティングのもう一つの利点は、露出を高め、結果としてブランド認知を高めるのに役立つということです。ソーシャルメディアサイトでは、コンテンツを公開し、ブランドの声や個性を表現する機会が増えます。ターゲット層と価値ある情報を共有することで、新規顧客と既存顧客の両方にとって、ブランドがより身近な存在であると感じるようになります。